完全黙秘

オタクが好きなことの為に奮闘するブログ

青天を衝け11話

 

 

 

 

 

 

f:id:finanshe44:20210426080017j:image

 

みんなが幸せが一番

 

が、ここで効いてきましたね

 

みんなの為に(犠牲は仕方ない)動く歪んだ正義

 

ここまで間違ってる主人公も珍しいし、幼い頃からの大義名分や特殊な環境など一切無い

 

ボンボンの子がたった数年あっさり攘夷という流行りに影響されテロを起こそうとしてる

 

視聴者も栄一は正しいと思ってるからこそ絶対止まらない、成功メソッドが何者でも無い彼の暴走に拍車をかけてしまう

 

 

千代ちゃん可哀想だけど実家の方がもっとやべぇことになってるからねw(テロリストの拠点)

 

幼少期から過激な父に育てられた慶喜さまが冷静で良い

 

とっさまの方がかっこいいし、とっさまは第一話からブレてない

百姓の運命を全うする強さがある

息子には強要しないし

 

視聴者がとっさまかっさま目線で暴走する栄一を「あちゃー」って思える脚本と演出凄い

 

 

吉沢亮の演技

 

今回凄い栄一だけど、人間の多面性をうまく演じていた

 

父親として命を尊ぶ一方で、異人や自分の思想同意しないものは切り捨てても構わない

 

真面目な奴が一番怖い、真剣に考えてるからこそ過激になってしまう

 

長七郎を助けておきながら自分達は夢物語のような計画なのも、信念が見当たらなくて最高ですね

 

あと、あの市太郎を亡骸を抱きながら泣くシーンは凄い良かった

あの息が出来なくなり、抑えてても漏れてしまう声

 

これからもっと闇の吉沢亮が見れるので幸せです(コラ)

 

 

今週の栄一と喜作

 

f:id:finanshe44:20210426081835j:image

 

あと何回一緒にいれるんだろう、そう思いながらこのコーナーを書いてる

 

二人で武器商人のところにおつかいに行ったり、

 

二人で東湖先生の息子にテンション上がったり

 

当初思っていたよりハードモードでつれぇわw